FC2ブログ
先日の夜、自宅に帰ったら次女が芋ようかんを作っていました。
「なぜ、我々が帰ってくるタイミングで作るかなぁ…。台所使うのに…。」
なんて思いながらも、とりあえずお互いに邪魔にならないように台所を
使いました。
本来なら芋ようかんが固まる時間になって、「今回は失敗かも…」と
凹んだ声を聞きました。( ノД`)次女の周りにドヨドヨした雰囲気がぁ~
とりあえず食べるのは翌日なので「芋ようかんの固まりが緩くても、次女の
芋ようかんは美味しいから大丈夫だよ」と言ったら、「固まりが緩いし、
芋も粗いし(サツマイモを裏ごししているので)、甘くないし…」と…。
翌朝、皆で次女作の芋ようかんを食べました。キチンと固まっているし、
美味しかったです。そこで次女「あ、思ったより良く出来てる。」…と‼
昨夜は一体何だったのだろう…(つω-`。)とりあえず疲れた…

2017年10月7日
そのいわくつきの芋ようかん。ちなみに私は作れません。


前回は、飛蚊症の症状についてお伝えしました。
今回は飛蚊症はどのようにしてなってしまうのかを、お伝えいたします。

飛蚊症になる原因~西洋医学編~
 ※まずは、目の構造について簡単に説明します。
  目の中央には、硝子体があります。それには、ドロっとしたゲル状の
  透明な液体が入っています。硝子体の周りに網膜があります。

 ①硝子体が萎縮する
  …老眼や近眼・目の打撲等によって硝子体が萎縮します。萎縮した事に
   よって、硝子体にシワができ、そのシワが飛蚊症のように(黒っぽかったり、
   糸くずや輪っかのように)見えてしまいます。

 ②生まれつき
  …赤ちゃんは、母体の中では眼球を作る過程で硝子体の中に血管が
   通っています。本来は眼球が完成すると血管がなくなるのですが、
   生まれてからでも血管が残っている場合があります。それが飛蚊症の
   ように見えたりします。
  
 ③網膜が萎縮する
  …萎縮した網膜を硝子体が引っ張って、網膜に穴があく事があります。
   コレが黒く見えたりします。ただし、この場合は網膜剥離の前ぶれかも
   しれないので、一度病院で診察を受けた方が良いです。
   加齢・糖尿病網膜症・強度近視・ケガ等で、網膜に穴ができる場合が
   あります。

 ④硝子体の中に血液が入る
  …目の中で出血し、硝子体の中に血液が入りこんでしまう場合があります。
   その血液が、飛蚊症のように見えたりします。
   糖尿病や高血圧・ケガ等でなりやすいです。大量に出血した場合は
   視力が落ちる可能性もありますが、少しの場合は進行しません。

 ⑤目の炎症により
  …ぶどう膜炎により、硝子体が濁ってしまう場合があります。これによって
   飛蚊症のように見えたりします。


①と②は病院に行っても「飛蚊症ですが、特に異常はない」と言われます。
病院での治療はないかわりに、安心できる飛蚊症です。
しかし③④⑤の場合は治療が必要の場合があるので、「飛蚊症かも…」と
思ったら一度病院で確認をとった方が良いです。
次回は、西洋医学での飛蚊症の治療法についてお伝えしようと思います。





     
スポンサーサイト
2017.10.07 Sat l 漢方 飛蚊症 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは
飛蚊症になる原因の①加齢は避けられ
そうにないですね。
何歳くらいから出るのかが気になります。
2017.10.09 Mon l ichan. URL l 編集
加齢
芋ようかん、とてもおいしそうですし、
しっかりと固まっている様子なので一安心でしたね!
というか一人でこんな難易度が高い和菓子を作れちゃうなんて凄い!と思います!

飛蚊症ですけど、コンタクト受診の際に眼科医の先生に聞いてみたら
「加齢が原因だから特に心配する必要はない」と言われましたけど、「加齢」というワード自体に
引っかかってしまう私でした・・
2017.10.10 Tue l ぬくぬく先生. URL l 編集
ichanさんへ
加齢性の飛蚊症の方は、非常に多いです。
年齢で逆らえない症状ですが失明などの重大な病気にならないので、
生活上困りますが大事にならない所が安心してくだされば…と思います。

どなたでも必ず飛蚊症になる訳ではないので、何歳になると…という
目安もないのが現実です。早い方だと30代でも飛蚊症になるそうです。
当店で飛蚊症で相談された方は、50代後半の方が多いです。
2017.10.10 Tue l 薬屋の嫁. URL l 編集
ぬくぬく先生へ
次女は「和菓子の方が、グラム計算が大雑把でも作れるから良い」と言っています。
その彼女、ガトーショコラを昨日作っていて「少し牛乳が多くて…」とレンジと
にらめっこしていました。そう、西洋菓子は量を間違えると失敗しやすいからです。
結局納得のいく物が出来たらしく、我々の口に入る事なく学校に持って行って
しまいました(><)

ぬくぬく先生の飛蚊症は、別の病気が絡んでいなくて良かったですね。
でも原因が加齢と言われると、ものすごく抵抗がありますよね。
自分で「年だ…」と思う事には抵抗ないのに、人に言われるとそうではないのは
私も同じです。我々のお仲人さんは70後半ですが「まだまだ若いのには、
負けてらんない!」と言ってられました。

2017.10.10 Tue l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/421-4639b16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)