先日、長男の三者面談がありました。(つω-`。)デキが良ければ良いのでしょうが…。
高校3年なので、進路決定する大事な面談になります。そんな時なのに長男は
ある程度は的を絞っていたのですが、我々夫婦に「ココに行きたい」と正式に話を
しないまま面談の日になりました。
それを聞いた先生が「本の大好きな息子さんには、この大学なんてどうでしょう?」
と言ってくださいました。その大学の学部で卒業すると、学校の図書室の先生
(司書)の資格が取れるそうです。今の長男の成績では大学なんて考えもしな
かったので、正直鳩が豆鉄砲を食らったような状態になりました。
結局本人は「本に囲まれる大学生活は惹かれるけど、将来のビジョンが見え
ない」と言い専門学校を選んだようですが、どうなる事やら。

6月13日
面談時にもらった冊子。長男の手には、ずいぶん前からあったようですが…


前回は、ステロイドの上手な付き合い方についてお伝えしました。
今回は、なぜステロイドについて記事にしたかをお伝えいたします。

理由として…
①ステロイドで治療する事が多くなった
②ステロイドの強い物を、普通に処方するようになった
③ステロイドの副作用について、知らない方が多い
④ステロイドを必要以上に怖がる方も多い

本当にステロイドを使う治療が多くなりました。
肺炎などは、抗生剤を主としその方の症状によって咳き止めや気管支拡張剤
などを使用するのですが、今はステロイドを使う事があります。
ものもらいも抗生剤くらいの処方だったのに、ステロイドを使う事もあるようです。

強いタイプのステロイドを処方される事も多くなりました。
これは、患者さんのニーズに合わせたからであろうと私は思います。
病院に行って、すぐ良くならないと「あの病院、腕が悪い」となるからです。
しかし「この状態に、このは強すぎるのでは?」と思う時があります。

ステロイドを、ものすごく怖がる方も多いです。
その方々のお話を聞くと、「ステロイド外用を使用する事で、副作用が心配」
と言われる事が多いです。しかしながら、そういう方の多くが肌の痒みや炎症
がありステロイドを使うべき症状なのです。よく「ステロイドを使うと、色素沈着
が起こる」と言われていますが、実は痒くてかきむしる事や炎症の影響でなる
のです。
本来なら、痒みなどが強い時には強めのステロイドを使い、痒みが治まり炎症も
治まってきたら、軽いステロイドに切り替えたり保湿をしながら様子を見て徐々に
ステロイドから離れていくのです(状態が良くない場合は、少し強めのステロイド
に戻したりします)。そうする事で皮膚の痒みや炎症を上手に付き合っていけます。


非常に文章が長くなってしまいました。それでも、この記事を読んで一人でも
多くの方がステロイドのメリットとデメリットを理解していただければ、と思って
おります。


スポンサーサイト
2017.06.13 Tue l 薬について l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

おだつな・・
三者面談・・

うーん、懐かしい響きですね!

私は高校まで仙台でしたけど、仙台の方言で
「ふざけるな、調子こくな」という意味で
「おだつな・・」という言葉があったりもします。

私が高校3年の秋まで部活やりまくっていた時の
三者面談で担任から
「志望校は・・」と聞かれて
勢いだけで「東京六大学のどれか一つです!」と
言ったら
親からも担任からも一言ポツリと
「おだつな・・」と言われてしまいました・・(汗・・)

ステロイドのお話をお伺いしていると
改めてですけど、西洋でも東洋でも
古式でも最新でも「薬」というものは
毒にも薬にでもなりうるのだなぁ・・と改めて
感じたものでした。
2017.06.13 Tue l ぬくぬく先生 . URL l 編集
ぬくぬく先生へ
いつになっても面談は苦手で、子供の時は「親はラクだよね」なんて
思っていましたが、親は親で行きたくないのを自分の子供の面談時に
知りました。
自分の子供の頃は、三者面談なんて中3と高3の時くらいだと思って
いたのですが、今は中学入ると毎年です。中3は2回行った気がします。
次は夏休みに小2(こちらは二者)と高1の面談です。今から憂鬱です…。

せっかく今の時代に生きているので、薬は上手に使うべきだと思います。
薬の知識がなくてもインターネットで調べる事もできるし、ドクターや
薬屋に教えてもらう事もできますから。ただ、色々な情報がありすぎるのも
現実ですが…。


2017.06.15 Thu l 薬屋の嫁. URL l 編集
冷や汗ものですよね。
懐かしい…三者面談。
うちの娘もありましたね。
ちとおばかなのに、「国公立を受けます」と臆面もなく言ってのけた我が娘。
文系なのに、古典で7点を取って帰るような娘でしたが(笑)
無事に進学し、図書司書の免許を取るべく頑張っております。
昨年は実習も行われ、着々と頑張っております。

ステロイドは何度もお世話になりましたが、副作用を取るか作用を取るかは患者さん次第かと思います。
本当につらい時は、「何でもいいからお願いします!」って言いたくなるんですよね(笑)
アトピーが酷くて全身に薬を塗りたくっていた頃は、薬がないと夜も寝れませんでしたからね。
突発性難聴の時も、顔面麻痺の時も使いました。
私は、必要悪ってありだと思っています。

2017.06.19 Mon l mama.ikuko. URL l 編集
mama.ikukoさんへ
娘さんは司書の勉強をされているのですね。図書室の先生になれるのは
知っていますが、何を勉強するのか知りません(^^;)
試験、受かると良いですね。

mama.ikukoさんは色々大変な思いをされたのですね。
私もステロイドは必要だと思っております。ステロイドがあるおかげで、
症状がラクになる事が多いのですから…。
せっかく今の時代に生きているのですから、皆さまがステロイドの
メリットデメリットを理解して、上手に使っていただければと思って
おります。
2017.06.20 Tue l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/404-722c8277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)