先日片付けをしていたら、知恵の輪を見つけました。
小2の末息子にやらせてみよう!…と思い、末息子の目につきそうな場所に。
気が付いた末息子、「あぁ~!知恵の輪だ~!」と言ってやり始めました。
私自身が知恵の輪が苦手なので、「どうせ、できないだろう…」と思っていたら
2・3分で「できたー!」と言って外れた知恵の輪を見せてくれました。
「すごいね~!」と褒めていると嬉しかったらしく、何度かつけては外し…を
繰り返していました。
ふと末息子を見てみると、外れている知恵の輪同士を無理やりくっつけようと
して、ギューっと押し付けあっていました…!「この子は、力ずくで知恵の輪を
外していたのかも…」と思いながらも「ピコ太郎さんのペンとパイナップルを
くっつける動作に似ている」とも思いました。そこで「PPAPのン~!みたい
だよ」と末息子に言ったら、「ギューってしてないよ~」と笑っていました。

4月14日
コチラがその知恵の輪。昨日、力ずくで外した疑惑が真実だったと知りました…!


前回、漢方(中医学)での難聴は「腎」という働きと「肝」という働きに関係が
あるとお伝えしました。今回は「肝」についてお伝えいたします。

漢方(中医学)での難聴の考え方~「肝」編

とは?
 ・情緒を安定させ、精神状態を快適に保つ働きをする所である
 ・視床下部や自律神経系の機能を主る(つかさどる)ため、全身の各機能が
  円滑に行われるように調節する所でもある
 ・肝臓で行われる代謝や解毒作用、胆汁の分泌や排泄もする
 ・血(けつ…人間に必要な濃い栄養物質)を貯蔵する所である
 ・血流量の調節をする所である
 ・子宮に十分な血液を供給し、子宮内膜や筋肉を順調に機能させる
 ・ホルモン分泌を調節して、月経・妊娠・分娩が正常に行われるようにする
 ・筋膜(きんまく…筋肉や内臓を包む膜の事)や腱の緊張や運動を制御する

 突発性難聴は、肝に問題があると考えられます。
 理由として
  肝の疏泄(そせつ…自律神経系を円滑に行う事)が失調する
         ↓
  体に必要な物質が停滞する
         ↓
  停滞する事で、余計な物に変化する(湿…しつ…と言います)
         ↓
  湿は停滞して熱を持つ(…と中医学では考える)
         ↓
  熱と一緒に湿が一気に体の上部に動く
         ↓
  湿が耳の流れの所まで動いてしまい、そこで停滞する
         ↓
  耳が聞こえなくなる
             
湿が耳の流れの所で止まってしまうと考えられている為、耳の下の
リンパ節の腫れや耳鳴り・めまいなども一緒に症状として出る場合が
あるとも考えられています。

熱は軽いので、体の上部にいきやすいとも中医学では考えられています。
それとは逆に、冷えは体の下にいきやすいと考えられています。
コレは、お風呂に例えるとわかりやすいかと思います。
水をはった浴槽を温めようとすると、上のほうが熱くなっても下の方は
まだ水のまま…という感じにとらえていただけるとニュアンスが掴めると
思います。

文章が長くなってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。
  
スポンサーサイト
2017.04.14 Fri l 漢方 耳の聞こえ l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

知恵の輪
子供の頃、よく遊びました。
懐かしいですね~。
力づくで...それも経験あり。(笑)

説明を読んで、なるほど~と思いました。
わかりやすい説明、ありがとうございます♪
2017.04.15 Sat l pil. URL l 編集
No title
こんばんは。

昔、知恵の輪で遊んだことがあります。
懐かしいですね。

突発性難聴のご説明、なるほどです。
漢方の考え方は経験的な合理性を
含むものなのだと感心しました。
2017.04.15 Sat l ichan. URL l 編集
あ~、なるほど!!
読ませて頂き、納得!!

突発性難聴になる前に、私は歯が痛くなってしまい、歯医者さんに行きました!
そしたら、歯が悪いのではなくリンパが腫れています。
肩凝りとかが原因かもしれないので、整体とかに行ってみられたら?って言われたんです、そういえば。
三叉神経が悪いので、神経痛が出た時は目も開けられませんが、これもそういう事が原因なのですね。

肝の大切さを知っていれば、いろんな病気にならなかったのかも(笑)
婦人科系の病気も患い、結局全摘したし、流産も2回経験したし…。
西洋医学と東洋医学の両方を診療に活かしてほしいわ、全く(笑)


2017.04.15 Sat l mama.ikuko. URL l 編集
pilさんへ
今回の(も…ですが^^;)知恵の輪、私も解けずにいました。
そんな私を知っていてなのか、夫が「もう知恵の輪、解けた?」と。
「力ずくでなら」と伝えたら、教えてくれました。
答えを知ったら簡単ですが、なかなかわからないです…。

いつもコメントありがとうございます♪


2017.04.18 Tue l 薬屋の嫁. URL l 編集
ichanさんへ
私は知恵の輪が苦手なので、すぐうっちゃっていました(^^;)
知恵の輪は、今の子でも楽しいようです。

漢方(中医学)は、自然に当てはめるので経験的な事が多いと
思います。
同じ経験繋がりですが、漢方薬を初めて考えた方は、自分で食べて
「コレは何に良い」と決めた…という話もあります。
2017.04.18 Tue l 薬屋の嫁. URL l 編集
mama.ikukoさんへ
人間の感覚はかなりいい加減なようで、夫も左下の歯が痛いと思い
歯医者に行ったら、右の上の歯が原因だったそうです。
その原因の歯を治療したら、歯の痛みが治まったと話してくれました。

mama.ikukoさんは色々大変な思いをされたのですね。
理想としては、西洋医学の良い所と漢方の良い所を両立できる事だと
私も思います。ただ漢方での原因を突き止めるのに時間がかかるので
(1時間から1時間半くらい)、病院では難しいのでは…と思って
おります。

2017.04.18 Tue l 薬屋の嫁. URL l 編集
知恵の輪
知恵の輪・・・うーーむ、大変なつかしいですね!

だけど私も昔から実は大変苦手で、
無謀にも力任せで外そうと奮闘するタイプだったのかもしれないです・・(汗・・)
パズルとは全然違うのですけど、
突然何かがパッと閃いて何かが降臨して
解けちゃうこともあったりして、「頭の体操」には丁度いいのかもしれないですね。

難聴には、「腎」だけではなくて
「肝」というのも大切なのですね。
昔から「流れる水は腐らない」という言葉がありますけど、それに近いようなものがあるのかも
しれないですね。
2017.04.18 Tue l ぬくぬく先生 . URL l 編集
ぬくぬく先生へ
気の短い私はすぐ解けないとイラっとするので、解ける前に辞めてしまいます…。
ぬくぬく先生は解いた事があるので、スゴイと思います。

「流れる水は腐らない」…本当ですね。流れが悪くなると、血管の端っこに
余計な物がたまったり、炎症が起きたりするのですから…(><)
2017.04.19 Wed l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/391-f62ec0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)