FC2ブログ
今日は「3分間電話の日」だそうです。ラジオで伝えていました。
昭和45年の1月30日に、公衆電話では10円で3分間通話できると制定された
そうです。それ以前は10円で時間無制限だったそうですよ!
以前、店から見える公衆電話から「助けてー!」と電話があったからと、警察官が
店に来た事があります。我々はわからなかったのですが、警察官が店に来た事で
通っている人の視線がキツかったのを覚えています(´・_・`)悪い事してないのに…

1月30日
その公衆電話。目の前は銀行さんですが、その時は営業時間外でした…。


前回の記事は、湿潤療法についてお伝えしようとブログで綴っていたのに
別の内容を伝えしてしまいました…○| ̄|_申し訳ございません
ここで湿潤療法をお伝えすると、ごちゃごちゃしてしまうので今回は
低温やけどの予防法についてお伝えいたします。

低温やけどの予防法
①ヒーターの近くに長時間いない
②カイロをつけたままで寝ない
③電気毛布は、つけたままで寝ない
④コタツやホットカーペットで寝ない
⑤湯たんぽのカバーを厚くする(二重にする)
⑥カイロのつける位置に注意する
⑦湯たんぽが直接触れる所に置いて寝ない


予防法って言う程の物ではありませんが、これらでなるのが低温やけど。
そして「わかっちゃいるけど…」って所があるものばかり・・・。私もその一人。
カイロは非常に温まりグッズとして重宝しますが、低温やけどになりやすい
です。次回は、カイロの注意点をお伝えしようと思います。






スポンサーサイト
2017.01.30 Mon l ケガ l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

公衆電話
20代の頃にいた寮にも公衆電話が設置されていましたけど、公衆電話自体にも実は電話番号が付けられていて、別の家から寮の公衆電話に電話を普通に掛けられることが出来るというのは当時私も知らなくて
意外に感じたものです。
ベルが鳴って受話器を思わず取ったら
「〇〇号室のあのバカを大至急呼んできて、ここに
連れ出してきなさい!
今すぐよ!!」といきなりヒステリーを起こされて
困ってしまったのもなんか懐かしい思い出です。

低温やけどについて、今回の
③電気毛布は、つけたままで寝ない
④コタツやホットカーペットで寝ない
については私もしばしばやらかしてしまいますので
やはり要注意ですね!!
2017.02.01 Wed l ぬくぬく先生 . URL l 編集
No title
低温やけどって怖いですね。
治りにくいし、確か傷害保険では
対象外になるはず。

訪問ありがとうございました。
また来てくださいね。応援して帰ります。ポチ
2017.02.01 Wed l 雫. URL l 編集
ぬくぬく先生へ
おぉ!寮に公衆電話とは、めぞん一刻みたいですね!めぞん一刻はアパートですが、
一人暮らしの経験がない私としては同じようなイメージがあります。
私は実家の近くの公衆電話が、突然鳴った時に「公衆電話にも電話番号があるんだよ」
と教えてもらって知りました。

私はカイロをつけている所がチリチリした感じに思い、見てみたら少し赤くなって
いた事があります。「マズい」と思い、別の場所に変えましたが温度の感覚は
「あったか~い」でした。それからは少し厚めの服の上につけたり、ギュッと
押し付けてしまう場所には貼らないようにしています。

2017.02.02 Thu l 薬屋の嫁. URL l 編集
雫さんへ
応援、ありがとうございます!

傷害保険に適応かは難しそうですね。ヤケドはOKなのは、突発的に起こるケガだからの
ようです。低温やけどになるには一瞬でヤケドになる訳ではないので…。
創傷処理(手術等での物理的な体の組織の損傷を治す処理)の手術は適応外の傷害保険
もあるので(全部の保険を調べたのではないので)、その点も考えると低温やけどの
治療での適応は難しい感じがします。

2017.02.02 Thu l 薬屋の嫁. URL l 編集
No title
お返事ありがとうございました。
頭でっかちになるのは良くありませんが
知識を広めるのは大切ですね。
勉強にまた来ます。
訪問ありがとうございました。
応援して帰ります。ポチ☆彡☆彡
2017.02.02 Thu l 雫. URL l 編集
雫さんへ
こちらこそ、コメントありがとうございます。

保険は難しく、今回初めて傷害保険の勉強をしました(^^;)
傷害保険は自転車保険しか知らなかったので、ヤケドにも適応する
とは思っていませんでした。勉強させていただくチャンスをいただき、
ありがとうございました。

また、お邪魔させていただきます。
2017.02.03 Fri l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/372-3a7d4d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)