FC2ブログ
一昨日は、鏡開きでした。皆さまは、どんなお餅を食べたのでしょうか?
鏡開きの時に鏡餅を食べる事で、無病息災を祈るのですが、食べ方はそれぞれ
ですよね!…我が家は、お汁粉にしました。

あまり美味しそうな写真ではないですが…。
1月13日


鏡開きの日の鏡餅。(´∀`*;)ゞ予想通りになってる…。
1月13日

ミカンを取ったら、こんなカンジに…。
1月13日



鏡餅が非常に薄いため、乾燥が早く割れまくりました。見た目は大変な事になって
いますが、良い点がいくつもありました。
①薄くて割れている為、1度ついたカビが点になっていた
②手で簡単に割れた
③揚げたら、かき餅(アラレ…かしら?)のように、サクサクしている
④揚げたてをお汁粉にしたら、サクサク感が残っていて美味しい

自宅にも次女が作ってくれた鏡餅があったので、それも食べました。
次女の鏡餅は、こんな状態でした。
①大きさは大体末息子が作ったのと同じくらい
②キレイな鏡餅の形
③カビ1つなかった
④ヒビもない
⑤切るのは大変でした(…と言っても厚さ2cmなかったのですが^^;)。
⑥ふっくらとした、揚げ餅ができた

どちらも美味しかったのですが、同じお餅でも違う美味しさを楽しめました。
しかし薄い鏡餅が美味しいなんて、考えもしなかったです…。

出来立ての揚げ餅。…これは次女が作った物です。
1月13日



スポンサーサイト
2017.01.13 Fri l 薬屋の嫁の出来事 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

揚げ餅
薄い鏡餅、割れちゃってたんですね。
でも、割る手間がはぶけ、その上サクサクとしておいしいなんて!
鏡餅作り、今年の暮れも、息子さんにお願いしないといけませんね^^
2017.01.14 Sat l pil. URL l 編集
pilさんへ
毎年ある程度はひび割れして、切りやすい状態になるのですが
ここまでバキバキになったのは初めてでした。
とても美味しい鏡餅でしたが見た目はひどいので、鏡餅とは別に
作っても良いかも…と思いました(^^)
2017.01.14 Sat l 薬屋の嫁. URL l 編集
No title
我が家も 揚げ餅にすることが多いかな。

やめられない、止まらないで・・・
ついつい 食べ過ぎてしまいますが、
これって たくさん食べると胃がもたれませんか?
年なのかなぁ (゜´Д`゜)
2017.01.14 Sat l おでかけ親父. URL l 編集
おじゃまします!
薄い鏡餅は、かわいいなあ、
と思って見ていましたが、
いいところがいっぱいあったんですね。

お汁粉、おいしそうです。

最近の、鏡餅の形をしたパックも便利でいいですが、
昔ながらのお汁粉や、揚げもちは、
やっぱり一味違いますよね。
2017.01.15 Sun l まいまい. URL l 編集
おでかけ親父さんへ
揚げ餅、美味しいですよね!…私もついつい食べ過ぎてしまいます(^^;)
おでかけ親父さんの年齢は存じていないのですが、年齢を重ねることで
胃腸の働きも胃酸の分泌も若い頃と同じではなくなります。
脂っこい物や甘い物などは、ベタっとしているので消化が悪い事もあり
もたれてしまう事は多くなると思います。…個人差があるので、どなたでも
なる訳ではないですが、大抵の方は胃腸の働きについて「若い時と比べて…」
と言われます。
…そして、私もその一人。「わかっちゃいるけど…」…となる事が多いです。
もたれた時には、無理して食事をとらなくても1食くらいなら大丈夫ですし
胃腸薬を上手に利用するのも良いですよ(^^)
2017.01.16 Mon l 薬屋の嫁. URL l 編集
まいまいさんへ
お汁粉、あっという間に無くなってしまいました…。
パックのお餅は、柔らかくてきな粉餅にするのに便利です。そして手軽さが一番ですよね!
…でも、揚げ餅は美味しかったです。私は無精なので、鏡開きの時しか揚げ餅しません(^^;)
2017.01.16 Mon l 薬屋の嫁. URL l 編集
おしるこ美味しそうですね!
素敵な鏡開きでしたね!
お餅はお米なのにカビ一つないというのは、
やはり今年の例年以上の寒さを反映しているのかもしれないですね。

それにしても「おしるこ」は冬の定番ですよね!

見ているだけで温まりそうです!
2017.01.16 Mon l ぬくぬく先生 . URL l 編集
ぬくぬく先生へ
今までたくさんの鏡餅を作ってきましたが、カビがつかないのは初めてでした!
お汁粉、実は私は味見程度しか食べれませんでした(><)
まだお餅は冷凍してあるのが残っているので、時間のある時に作りたいです。
2017.01.16 Mon l 薬屋の嫁. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kusuriyanoyome.blog.fc2.com/tb.php/367-52691836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)