自宅にエビネの花が咲いたので、店に飾ろうとして机の上にエビネを
置いた時の事です。
「お母さん、この花どうしたの?」…と次女の声。
「庭で咲いたから、店に持っていこうと思って」と私。
「そんな花、あった?」…Σ(ω |||)えぇ~!!!
庭は基本、私が手入れ。枝を切る時には手伝ってもらうのですが、
その他は見向きもしません。私が「近くに生えていたから取ってきた」
と言ったら信じるのでしょうね。(;д;)それなりに頑張っているんだけど…

4月29日
そのエビネ。今年は何故だか、たくさん咲いてくれています。


先日、私はお腹をこわしました…。原因は冷え。冬みたいに寒くなくても
冷えが原因になる事があります。皆さまの参考になれば…と思い、
お伝えしようと思いました。

昼間は20度近くまであった日でした。夕方から少し気温が下がり、
「ちょっと冷えるな」くらいに思っていました。お届けの仕事が終わり、
外を歩いている時から腹痛。店に戻ったら、トイレとお友達になりました。

原因として…
①春になって気温が上がる
      ↓
②寒さを体が感じなくなる為、体表が冷えから守らなくなる
      ↓
③少し気温が下がっても体表が冷えを守らない為、体内に冷えが
 入り込んでしまう
      ↓
④冷えによる症状が出る(今回は腹痛・下痢)

対策はシンプルで暖かくする事。しかし、5時に戻ってきて5時半から
お客様が来る事になっていたので、早急に治す必要があります。
そこで…
①お腹にカイロを貼る
②お腹の中から温める漢方薬を飲む
③出したい時はガマンしないでトイレに行く
コレを実行した所、無事に20分かからずラクになりました。
本当だったら、布団に入って横になるのが一番なのですが…。

今回は冷えが体の中に入ったことによっての症状でした。
これとは別に体表に冷えがくっつく場合があります。これが原因の
代表的な病気は風邪。この場合は体表を温める漢方薬を使います。


スポンサーサイト
2017.04.29 Sat l 腹痛 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ようやく「3月3日は耳の日」が終わりました(〃ノωノ)…でも日付は4月後半…反省…
先日、補聴器販売員さんに「補聴器をつける時は、右と左の補聴器は同じ
レベルの物が良い」事を教えてくれました。なんでも、同じレベルでないと
聞き取り具合が違って耳が疲れてしまうそうです。
そしてもう1つ、「補聴器は5年くらいすると、ガタがでてきやすい」事も教えて
くれました。…確かに機械ものなので個体差はあるとは思いますが、家電品と
同じ感覚で5年過ぎたら…と思っていて良いそうです。

久しぶりに当店(漢方相談おくすり本舗)にある植物の事をお伝えしようと
思います。

久しぶりに寄せ植えをしてみました♪
4月26日
なんとなく形になった気がします。私的には頑張ったのですが…

去年いただいたサボテンにもモッコリと…。
4月26日
花芽である事を祈っています。


バラに花芽…?
4月26日
「花が咲く!」…と思ったら、花ではなく葉になりそうです。゚(゚´Д`゚)゚。「やった!蕾だ!」…と思ったのに…


夏に切った千日小坊の枝を、春まで水栽培していました。
4月26日
15cm位、根が伸びました!土に返してあげようと思います。


カランコエ。また花芽をつけてくれました。
4月26日
花が終わって切った後だったので、小さくても嬉しいです♪


カタバミ。コレはいつも頑張ってくれます。
4月26日
肥料をあげたら、花芽がたくさんついてくれました(」*´∇`)」やったー!


花があるのはキレイで良いのですが、育てるのが難しいです…。
(手入れする人間が悪いのか、午前中で陽がかげるのが悪いのか…)
それでも、頑張っている植物に感謝感謝です。
2017.04.26 Wed l おくすり本舗の植物 l コメント (4) トラックバック (0) l top
6月1日から郵便物の料金が変わります。この前値上げしたのは、いつ…?

4月22日
コレは一部分です。定形外とゆうメールも変わるそうです。

ハガキが62円に変わります。…でも年賀はがきに限っては、52円のまま。
年賀状は、それなりに送るので助かります(*σ´Д`*)
ただし年賀はがきでも、12月15日から1月7日の間に差し出されたハガキで
表面に年賀と朱記してないと52円では届かないそうなので、注意が必要です。
(エラソーに伝えていますが、今知ったばかり…^^;)
52円が62円になるって事は、2割増し…?10円値上げと聞くと大した事は
ないように思えますが、2割増しと聞くととても値上がりしたような気分になる
のは私だけでしょうか…?けち臭いだけ…?
定形外は、規格外になるとかなり上がります。仕方がない事なのでしょうが、
慣れるまで時間がかかりそうです(´・_・`)溜まっている未使用のハガキと交換して送ろう…


前回は、加齢性の難聴を漢方(中医学)からのアプローチしました。
今回は、突発性難聴を漢方(中医学)からアプローチします。

漢方(中医学)での難聴のアプローチ突発性難聴編~

①巡りを良くする
 …流れが滞っている所が悪さをして突発性難聴になるので、流れがスムーズに
  なるようにします。

②炎症を抑える
 …流れが滞ると熱が出て症状も強くでるので、熱を冷まします。

③「肝(かん)」の立て直し
 …人間に必要な5つの働きの1つである肝(詳しくはコチラ)
  肝に必要な血(けつ…人間に必要な濃い栄養物質)は不足して巡りが悪くなる
  ので、補っていきます。

④生活の見直し
 …肝の働きの中の自律神経系が乱れて突発性難聴になるので、自律神経を
  整える事もします。漢方薬で肝を整えるのも大事ですが、生活面を見直す
  事でより早く自律神経を整えていきます。不規則な生活をしない、朝起きたら
  太陽の光を浴びる、夜は早めに休む等が大事になります。

⑤胃腸の調子を整える
 …胃腸で肝に必要な血(けつ)が作りにくい為に、肝に問題が起こる場合が
  あります。そのような場合は、胃腸を整える事も大事になります。
  また胃腸の働きが弱い為に、未消化が湿(しつ…体にある余計な水分の
  ような物)に変わり巡りを妨げてしまうので、コレを改善させるのも大事に
  なります。

…加齢性の難聴は腎が不足してなるのに対して、突発性難聴は余計な物が
ある事によって起こる症状です。その為、余計な物を取ってしまえばラクになる
のですが、体が余計な物を作るような状態だと再度突発性難聴になる場合が
あります。その為、突発性難聴になる根本的な所を治していくのが大事に
なるのです。「面倒くさい」「治ったのに、まだ漢方続けるの?」などと皆さまに
思われるのですが、根本的な原因によっての別の症状がラクにもなるメリットも
あります。その方によっても肝や脾(ひ…胃腸での働き)の症状が違いますが、
頭痛・疲れやすい・生理痛・下痢・便秘・すぐイライラする・目の疲れ・胃腸の
不調等がラクになる場合があります(症状が肝や脾の原因でない時もあるので)。

2017.04.22 Sat l 漢方 耳の聞こえ l コメント (4) トラックバック (0) l top
昨日・今日と暑くなりましたね。急に暑くなった時には熱中症に注意して下さい。
理由として…
①寒かったので、汗を十分にかける状態になっていない
②急な気温の変化の為、体が暑さに慣れていない
③暑いので、冷たい飲食をして胃腸に余計な水分を抱え込み、体表に1枚
 水の膜が張った状態になり汗をかきにくくなる
こんな日には冷たい物が恋しくなりますよね(私はビールですが♪)。
でも、ほどほどにされて体調を崩さぬようにしてください。とても難しいですが…
もし「マズイ…」と思ったら、早めに休んでください。

4月19日
熱中症予防や対策の漢方もありますが、少し気を付けるだけでも違います。


前回・前々回で、漢方(中医学)での難聴の考えをお伝えしました。
今回は、漢方(中医学)での難聴の治し方をお伝えいたします。

漢方(中医学)での難聴のアプローチ~加齢による難聴編~

①症状を悪化させない、又は進行を緩やかにする事をメインとする
 …年齢による機能低下は、どなたでも逆らう事ができません。
  その為漢方薬を使う事で、急激に悪くならないようにします。

難聴にまつわる症状をラクにする
 …難聴自体は加齢性のものでも、それ以外の耳鳴りやくぐもった感じ等を
  改善できる場合があります。

③「腎」を漢方薬で補う事で、腎での他の症状がラクになる
 …「腎」を補う漢方薬でも色々種類がありますが、漢方薬によっては
   ムクミをとる・足腰がしっかりする・手足の冷えがラクになる・胃腸の
   調子が良くなる・排尿トラブルの改善・咳の改善などの効果もあるので、
   難聴が主症状でも腎が原因の他の症状がラクになります。

④長期間漢方薬を服用する事で、症状の緩和がわかる
 …加齢による難聴は、「腎」が不足する事で起こります。年齢を重ねて
  少しずつ減っていった腎を補うため、時間がどうしてもかかります。
  (余計な物がある場合は取ってしまえば良いので、比較的早いです)
  そして少しずつ補っていくため、症状が緩和された事に気が付きにくい
  特徴があります。「そう言えば、なんとなく違うわねぇ…」という治り方
  なので、少し長いスパンで考えていただけると良いと思います。


   

2017.04.19 Wed l 漢方 耳の聞こえ l コメント (2) トラックバック (0) l top
先日片付けをしていたら、知恵の輪を見つけました。
小2の末息子にやらせてみよう!…と思い、末息子の目につきそうな場所に。
気が付いた末息子、「あぁ~!知恵の輪だ~!」と言ってやり始めました。
私自身が知恵の輪が苦手なので、「どうせ、できないだろう…」と思っていたら
2・3分で「できたー!」と言って外れた知恵の輪を見せてくれました。
「すごいね~!」と褒めていると嬉しかったらしく、何度かつけては外し…を
繰り返していました。
ふと末息子を見てみると、外れている知恵の輪同士を無理やりくっつけようと
して、ギューっと押し付けあっていました…!「この子は、力ずくで知恵の輪を
外していたのかも…」と思いながらも「ピコ太郎さんのペンとパイナップルを
くっつける動作に似ている」とも思いました。そこで「PPAPのン~!みたい
だよ」と末息子に言ったら、「ギューってしてないよ~」と笑っていました。

4月14日
コチラがその知恵の輪。昨日、力ずくで外した疑惑が真実だったと知りました…!


前回、漢方(中医学)での難聴は「腎」という働きと「肝」という働きに関係が
あるとお伝えしました。今回は「肝」についてお伝えいたします。

漢方(中医学)での難聴の考え方~「肝」編

とは?
 ・情緒を安定させ、精神状態を快適に保つ働きをする所である
 ・視床下部や自律神経系の機能を主る(つかさどる)ため、全身の各機能が
  円滑に行われるように調節する所でもある
 ・肝臓で行われる代謝や解毒作用、胆汁の分泌や排泄もする
 ・血(けつ…人間に必要な濃い栄養物質)を貯蔵する所である
 ・血流量の調節をする所である
 ・子宮に十分な血液を供給し、子宮内膜や筋肉を順調に機能させる
 ・ホルモン分泌を調節して、月経・妊娠・分娩が正常に行われるようにする
 ・筋膜(きんまく…筋肉や内臓を包む膜の事)や腱の緊張や運動を制御する

 突発性難聴は、肝に問題があると考えられます。
 理由として
  肝の疏泄(そせつ…自律神経系を円滑に行う事)が失調する
         ↓
  体に必要な物質が停滞する
         ↓
  停滞する事で、余計な物に変化する(湿…しつ…と言います)
         ↓
  湿は停滞して熱を持つ(…と中医学では考える)
         ↓
  熱と一緒に湿が一気に体の上部に動く
         ↓
  湿が耳の流れの所まで動いてしまい、そこで停滞する
         ↓
  耳が聞こえなくなる
             
湿が耳の流れの所で止まってしまうと考えられている為、耳の下の
リンパ節の腫れや耳鳴り・めまいなども一緒に症状として出る場合が
あるとも考えられています。

熱は軽いので、体の上部にいきやすいとも中医学では考えられています。
それとは逆に、冷えは体の下にいきやすいと考えられています。
コレは、お風呂に例えるとわかりやすいかと思います。
水をはった浴槽を温めようとすると、上のほうが熱くなっても下の方は
まだ水のまま…という感じにとらえていただけるとニュアンスが掴めると
思います。

文章が長くなってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。
  
2017.04.14 Fri l 漢方 耳の聞こえ l コメント (8) トラックバック (0) l top